2005年 10月 02日
夏の終わり
朝子。
始めてキミに出会ったのは、8月のことだったね。

僕の家は1階にある。
通路部分には、隣の家からのツタと、夏の間に伸び放題になった雑草が茂っている。

今日、管理会社から掃除の人が来て、雑草を抜いて行った。

家の前に掃除の人が通りかかったとき、唐突に悲劇は起こった。
そう、まさに、僕の目の前で。


「アサコーーーーーーーっ。」


僕の悲痛な心の叫びを無視して、僕の朝顔はあっさりと引き抜かれた。

そりゃ、ちょっと枯れかかってはいましたよ。隣の家にも絡まっていましたよ。
だからって、だからって、だからって、

まだ蕾があったんだよーーーーっ。
もう10月だけど、これから満開になるところだったんだよーーーっ。

僕の夏は、終わっ、た。

春に向けて、チューリップの「ちゅーやん」がいるぜ(涙)。
[PR]

by yasuteruh | 2005-10-02 11:00 | その他


<< 『GOTH 夜の章』 乙一著      新連載「敬天愛人」 日経ビジネス  >>