2010年 04月 30日
僕とジャージ、の巻
ワタクシ、家ではジャージをはいてます。
黒くて赤いラインが入ってます。

でも、これ、もう10年以上もはいているので、ゴムがのびのび~。

無軌道な若者みたいな腰ばきです。
パンツがチラチラ見えて道徳上よろしくありません。

中途半端なずり下がり具合だから、
トイレ行ったらやっぱり下げなきゃいけなくて、
特に効率的ではありません。

このジャージ。

ワタクシが新入社員で始めての仕事で群馬の館林に赴任した際、
部屋着が無くて、近くのMr.MAX(ディスカウントストア)で買った思い出の品。

いわば、社会人初の買い物、といってもちょっと過言なくらい。

そんな思い出のジャージ。
10年以上はいて、定価1000円の元は取ったのではないか、
と、思われるジャージ。

ということで、ようやく減価償却できたので、
ついに、新しいのを購入してもらいましたーーーっ!
ありがとうアンジェラさん!

黒くて細めでしゅっとしてパンツがチラチラ見えません。
うん、はき心地もよいねー。ららら~。

今日のブログはそんな思い出のジャージに向けた鎮魂歌。
しんみりブログでした。(どこが?)
[PR]

by yasuteruh | 2010-04-30 13:21 | その他


<< 孤独な戦い。一人でロジ子の面倒...      ロジ子と鼻毛、の巻 >>