2007年 09月 30日
肩がコルフ海峡!、の巻
この旅行の中で特に行きたかったところ!
一番の萌えスポット!それが、

コルフ海峡!!!!!!(&コルフ島)

読者諸兄は「コルフ海峡事件」をご存知だろうか。

ラストシーンで、コルフ海峡の崖の上から人を突き落として、
追い詰めて!犯人は!!で、CM。(チャーラー♪)
て、火曜サスペンスかよっ!

そんな事件じゃありません。
コルフ海峡事件。
実はワタクシが学生の時の研究テーマだったんですよね。
これが、もう、懐かしい!これが実物か!とたまらない萌えスポットです。
星矢に続き大興奮ですよ!やっほー!!!

e0073717_10473783.jpg(←この辺が事件現場のコルフ海峡。といってもただの海。。。(笑))


と、誰に言っても通じないのでブログで自己満足的に盛り上がりました。
あー、自己満ブログ最高!がははは。

ということで、コルフ海峡を有害通行し、ついにコルフ島に到着です!

e0073717_1048576.jpg


岬の先端にある砦跡を訪ねます。
向こう側がアルバニアですね~。

e0073717_10491224.jpg


e0073717_10492767.jpg


e0073717_10502168.jpg


その後、旧市街を回って船に帰ってきたのですが、
ここで!なんと!
アンジェラにアクシデント発生!!!!

ランチに食べた貝にあたったのか(?)、食べ過ぎたのか?
全身に蕁麻疹と悪寒!!!悪寒アカン!大ピンチ!!!!
ということで船の医務室へ!急げ!

で、アンジェラはお尻に注射を打たれたそうです。
イタリア人にケツ見られてやんの。(笑)

その後、1時間ほど点滴打たれて、やたら血圧を測られてました。
「どーん、うぉーりー。OK!」と看護婦さんが優しかったです。

次の日にはすっかり復活してましたが(元気ですね~)、
食べ過ぎには注意ですね。



コルフ海峡事件

 コルフ海峡事件は、1946年5月14日にコルフ海峡(アルバニア本土とコルフ島の間の海峡)をイギリス海軍の巡洋艦オライオン(Orion)とスパーブ(Superb)が航行中にアルバニア沿岸の砲台から砲撃を受けたことに端を発する一連の問題を指す。

 イギリス側はアルバニアに国際海峡の無害通航権を主張し、アルバニア側は外国軍艦の事前通告や許可の無い領海通航は許されないと主張し、対立していた。しかもその問題が解決しないうちにまたもイギリス艦隊がコルフ海峡を通過、数艦が機雷に触れて死傷者が多数発生、イギリス側が海峡の機雷を除去するという行動に出た。

 安全保障理事会は国際司法裁判所(ICJ)への提訴を勧告し、イギリス側がそれを受けて提訴、1949年4月に判決。国際海峡の無害通航権を認め、アルバニアに対し艦船への損害賠償の支払いを命じたが、掃海についてはアルバニアの主権を侵すものと判断された。
[PR]

by yasuteruh | 2007-09-30 10:52 | 旅行


<< クロアチアに行くろあちあ!、の巻      アテネは色々あってね、の巻 >>