2007年 05月 28日
「行きずりの街」 清水辰夫著
e0073717_23154370.jpg


最近、本屋でよく平積みになってますね~。
昔の「このミス」1位ということで絶賛されてます。

ということで読んでみました。

感想です。
若干期待外れ。

そもそもハードボイルドな話なのが、好みではないのと、
「シミタツ調」(と言うらしい)の硬い文体がイマイチでした。

つまらなくはないけど、淡々として特に面白くもないんです。

ということで、特に読まなくても良いと思います。
これなら隣に平積みされている横山秀夫の方が面白いです。
(こちらはまた別途レビューを書きますわ)

「このミス」で「シミタツ」。
「このオレ」は「ハセヤス」。
[PR]

by yasuteruh | 2007-05-28 23:10 |


<< パイレーツオブカリビアンだっち...      銀座 エノテカ・ピンキオーリ(... >>